インフォメーションinformation

2020年01月17日

下着

女性のからだは10代の後半にもなると、ほぼ大人としての体型が完成します。 しかしその後も年齢を重ねるとともにからだも変化を続けてゆき、20代と40代の女性のからだではシルエットが異なります。 とくに30代半ばころからその傾向は顕著となり、出産や授乳を経てバストサイズが変わったり、骨盤の広がりや下腹部のせりだし・バストやヒップが下がってくることがわかります。

また、バストを支える胸筋が衰えることにより、バスト位置が下がったり脇に流れやすくなります。 上半身は全体的に丸いラインヘと変わってゆく一方で、下半身は筋肉の衰えがそのままラインの変化に繋がり、ヒップが下がって平らになり、太ももは細くなってゆくなどの変化を見せます。

このように女性のからだは年齢や出産、そして体質や環境に大きく左右されながら変化を繰り返してゆきます。 男性に比べると柔らかい女性の筋肉はどうしても本来の位置をキープし続けることが難しく、下垂しやすくなるといわれてます。

そこで重要になってくるのが、流れがちになっていくお肉を支える補正下着です。補正下着で大切なことは「締め付け」による細さを作り出すのではなく、衰えだした筋肉では支えきれずに垂れ下がってきた脂肪の位置を正しく整えること。
女性のからだ本来の形や変化と正しく向き合い、また時々でかわるサイズや着用感に柔軟に対応しながら選ぶことが重要です。

横浜、痩身、小顔、エステ、下着、育乳、ラヴィエール、LA VIER、骨盤

この記事をシェアする!